東大式内定獲得術

就活の負の連鎖というトラップにはまるな

物事には必ず原因と結果があります。事前にしっかりと自己PRを練り、企業研究や志望動機をして、自信を持って臨んだ面接なのに、落とされたという経験は少なかれあるものです。

そこには必ず採用されなかった原因があります。ここで自分に何が足りなかったのか?或いはミスをしていたのか?がわからないと、また他の企業の面接に臨んでも同じような結果になってしまうでしょう。よくありがちな間違いが、就活本にあるようなフレーズをそのままちょろっと変えてアピールすることです。これでは、企業には魅力に映りません。それどころか、逆にあまり自分で考えていないなと思われて評価が低くなりリスクさえあります。

しかし、それに気付かずにいつまでも同じような方法でいくつも回っていると不採用の連続というトラップにはまってしまいかねません。

それを避けるためにも、早く自分の足りない点に気付き、正しい方法を知ることです。こうすることで180度状況が変わることでしょう。



b13.gif



平凡な学生でも企業から絶対採用したいと思わせる方法とは?

自分は学生時代、これといって打ち込んだものがあるわけでないし、成績が特に優秀というわけでもない、そんな悩みを持っている学生さんは少なくないでしょう。

確かに誰にも負けないもの、例えば成績もそうですが、体育会での活動など、自分を一言で語れるものがあれば、大きな強みになりますし、アピールにもなります。

しかし、全員がそういうわけではありません。だからと言って、就活には不利になるのか?というと決してそうでもありません。

東大式内定獲得術では、こうした悩みを抱えている方でも、いかにあなたが企業の面接官にとって魅力的に映るか?についてテクニックを教えてくれます。具体的に示しているので、すぐに実践できるでしょう。

自分をアピールできないというのは、ただ単にアピールする方法、テクニックを知らないだけです。これを知るだけでも、他の大勢の学生に有利になります。



b13.gif



9割以上の学生が間違っているコミュニケーション能力をアピールする方法

これはよく自己PRで言われることですが、自分のコミュニケーション能力の高さをアピールするという人がいます。

これ結構よくやってしまいがちですが、実はあまり効果的ではありません。むしろ、逆効果になってしまいます。そもそも面接の場は、コミュニケーション能力も試されるわけですから、自分でそれを評価すること自体がマイナスなわけです。

仮にコミュニケーション能力が高いにしても、わざわざこの場で言うことはないのです。高いかどうかは、面接を通して、面接官によって当然評価されています。

そうした中で、あなたがコミュニケーション能力が高いことをアピールする方法を東大式内定獲得術で解説しています。口で言わなくても、結果的に面接官にコミュニケーション能力が高いと評価される方法です。

これで、結構多くの人がやってしまいがちなミスを減らすと同時に大きなプラス評価になります。



b13.gif



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。