東大式内定獲得術

就活の必要な要素を盛り込んでいる

就活において必要な要素とは?

これは多くの方が連想するでしょうが、自己分析であり、企業研究、志望動機などそれぞれが就活をするうえで必要な要素です。

しかしながら、これらを正しく理解して正しい方法で深く掘り下げて、対策を取らないと、良かれと思っていたことが逆効果になってしまうリスクがあります。

正しい自己分析。できているという自信を持っている方はどれほどいるでしょう?就活本を活用してそのまま実践して満足しているというだけでは不十分の可能性があります。

また企業研究も、誰でも調べればわかる程度では他の就活生との差別化が図れません。
志望動機やまた自己PRも同様です。

企業の採用者に対して、他の学生とは違うという印象を与えることが、内定獲得の大きなパワーになります。
差別化をすることで、あなたが一味も二味も輝くポテンシャルのある学生として企業に印象付けることになります。

そうした就活で内定をもらうためのノウハウを東大式内定獲得術で学ぶことができます。
市販の就活本とは違う、一歩に留まらず何歩も踏み込んだノウハウを手にすることが、あなたの就活の強力な武器となるでしょう。



b13.gif



東大式内定獲得術はテクニックではなく本質を突いたノウハウ

就活におけるテクニックというのは、いろいろな本などでも教えています。

しかしながら、これらは誰もが実践するようなことですし、企業の採用担当者も多くは知っている、いわば「手の内」のようものです。

手の内は、相手に知られないからこそ効果を発揮するわけで、知られてしまっては逆効果にすらなりかねません。

東大式内定獲得術では、企業がどのような観点で学生を評価しているのか?を知ることができます。つまりは、ここであなたは企業の「手の内」を知ることができるということ。

そしてそれこそが、テクニックでは見えてこなかった本質です。

企業側の評価方法や基準、更にはどうしてそうした基準で評価するのか?という背景を知ることまで理解できるようになります。

これにより、相手が何を求めているのか?そのために自分はどうしたら良いか?が自然と見えてきます。
これこそが、内定獲得への一番の近道であり、正しい方法と言えるでしょう。




b13.gif



東大式内定獲得術は再現性の高いノウハウ

東大式内定獲得術は、そもそも名前からしても難しそうなイメージがあって、果たして自分でもこなせる内容なのだろうか?と思う方もいるかもしれません。

この方法は最初30社も内定ゼロの状態が続いた上原聡さんの体験をベースにしたノウハウです。その後は金融やIT、商社など6社から内定を獲得するまでに変化しました。その大きな転換点になったポイントが収められています。

つまり決して最初から連戦練磨で内定を獲得していった人の目線ではなく、むしろ苦戦を経験した人の目線で作成されたノウハウです。そのために誰でも実践できる内容と言えるでしょう。

またここに盛り込まれている内容は、突き詰めれば知っているかどうか?ということになります。知らなければ、他のライバルと同じような戦略なき就活となりますし、知っているからこそ大きな武器になり有利に就活を進めることができるでしょう。



b13.gif



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。