東大式内定獲得術

就活成功の鍵 自己分析のやり方

就職活動はいわば勝負です。勝つためには、まず間違った方法ではなく、正しい方法を知ることが大事です。そして内定という目標までの道のりを事前に把握しておくことで、就活の勝ち組になれるわけです。


就活の成功の鍵を握る重要な要素に自己分析があります。
これは就活対策の本やセミナーなどでどう自己分析するかというノウハウや書き方、アピールの仕方はいろいろと出回っていますね。しかしながら、だいたいは似たり寄ったりの内容になってしまいがちです。もちろん学生のこれまでの生い立ちや生活は千差万別でも同じようなことをアピールしがちです。


企業側も当然こうしたノウハウのことは知っているので、結果的には他の学生と同じような内容に聞こえ、魅力的なものとして印象に残らないのです。
ここで、就活対策本通りにできたと得意げになってしまうと、逆効果であったと後で気付くことになってしまいます。


過去、現在、未来の自己分析をうまくしていく必要があります。どのようにうまくするか?それをこの東大式内定獲得術で学んでください。
うわべの陳腐な自己分析ではなく、他の学生と一味も二味も違うものができるようになるでしょう。



b13.gif



就活成功の鍵 企業研究

就活するうえで、企業研究もまた必須です。


企業の活動内容や社員数、社長の名前などは誰でも押さえることと思います。しかし誰でも知っていることを調べるのは当たり前であり、また表面的に知っただけでは充分とは言えません。
ホームページで知ることができるような情報だけで対応すると、志望動機に説得力が生まれなくなってしまいます。
もっと言うと、内定を獲得できるのに不充分なわけです。


東大式内定獲得術では、より深く企業研究するノウハウを伝授してくれます。企業側からすると自分の会社のことをよく研究しているという高い評価に繋がります。企業側も結局は面接する人事担当者は人間ですから、自分のことに興味を持ちすごく理解していると感じれば親近感が芽生えます。そしてこの学生と一緒に仕事がしたいと思わせることができるのです。これは学生の成績が優秀だとか部活で積極的に活動したという評価と同じくらい重要なポイントです。


そして、それだけでも他の学生に比べて有利に就活することができるわけです。
東大式内定獲得術で、企業研究をあなたの強みにしてください。



b13.gif



就活成功の鍵 就活の実践力

就活で重要な自己分析と企業研究。しかしながら、これだけでは充分ではありません。最初の書類選考などではとても重要ですが、企業側のOB、OGであったり、先輩、人事担当者との面談があります。そこでしっかりと自分をアピールするとともに、企業側にとってあなたが魅力のある、そして一緒に働きたいと思わせるものがないと難しいでしょう。

場数を踏んでいくと面談、面接も慣れてくるものでしょう。しかし、東大式内定獲得術ではトレーニングだけでその経験、実践力を養っていくことができます。

就活の最初の頃は、取りあえず試しで回ってみるか?とかどんな雰囲気を試してみるか?ということも良いですが、この東大式内定獲得術であれば、トレーニングで本番なみの実力をつけることができます。企業側からすれば、あなたがまだ就活に慣れていないとか慣れているとかは関係ありません。そのため、少しでも他の学生よりも魅力的なアピールをできることで内定を手にする可能性が高くなります。最初から、どんどんと有利に就活を進めていきましょう。



b13.gif



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。