東大式内定獲得術

就活成功の鍵 就活の実践力

就活で重要な自己分析と企業研究。しかしながら、これだけでは充分ではありません。最初の書類選考などではとても重要ですが、企業側のOB、OGであったり、先輩、人事担当者との面談があります。そこでしっかりと自分をアピールするとともに、企業側にとってあなたが魅力のある、そして一緒に働きたいと思わせるものがないと難しいでしょう。

場数を踏んでいくと面談、面接も慣れてくるものでしょう。しかし、東大式内定獲得術ではトレーニングだけでその経験、実践力を養っていくことができます。

就活の最初の頃は、取りあえず試しで回ってみるか?とかどんな雰囲気を試してみるか?ということも良いですが、この東大式内定獲得術であれば、トレーニングで本番なみの実力をつけることができます。企業側からすれば、あなたがまだ就活に慣れていないとか慣れているとかは関係ありません。そのため、少しでも他の学生よりも魅力的なアピールをできることで内定を手にする可能性が高くなります。最初から、どんどんと有利に就活を進めていきましょう。



b13.gif



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。